2016年最初の新国立競技場建設地訪問(1月5日訪問) 今月26日で区道廃止へ >

IMG_2386.jpg

 2016年最初の霞ヶ丘訪問を今週火曜日にしてきました。もう霞ヶ丘の
巨大な空き地から西新宿の超高層ビルが見える光景もすっかり目に
馴染みました。

 工事が予定通りに進むのであるならば来年の今頃はちょうど着工の時期
なのでここに何もない正月は今年が最後かもしれません。

IMG_2377.jpg

 現在新国立競技場建設地にはクローバーが植えられているのですが
このまままま何もない状態が続くと雑草も生えてくるかもしれません。
緑は日に日に濃くなっていくのかも。

 隣は神宮の森なのでこのまま一切人間が手を加えなかったらいつの日か
森に返ってしまうのかもしれませんね。

IMG_2415.jpg

IMG_2427.jpg

 旧観音橋交差点と旧霞ヶ丘交差点を結ぶ区道が廃止となり今月の26日で
歩行者も通行できなくなるとのお知らせが掲示されていました。まだ着工
まで結構時間があるのですが、区道は思い出の中でのみ生き続けるようです。
この区道ってタクシーの運転手さんの休憩場所として重宝されて
いたのですが、ここで休んでいた運転手さんたちはどこに行ったのだろう?

この区道から西新宿を観ることはもうできないのか。

IMG_2419.jpg

 旧観音橋交差点は一足早く完全に封鎖されていて歩行者も通れなくなって
ました。これからこうやってどんどん霞ヶ丘は変わっていくのでしょうね。

 

今年一年ツイッターやBLOGをご覧いただきありがとうございました >

 今年は新国立競技場をめぐって大きな動きがありました。ザハさんの
案を元にした修正案の建設費が高すぎるのではないかという指摘が
テレビのワイドショーや新聞などで多数なされるようになり、安部総理が
建設案を撤回する事態となりましたが、今年の正月にこのような展開を
予想していた人はほとんどいなかったのではないでしょうか?

 特定の公共施設の建設をめぐって有権者が自分の頭でこれほど真剣に
考えたことは今まであまりなかったと思います。今年はいろいろな意味で
日本の歴史に残る一年でした。

 新国立競技場は新たなコンペが行われ建設会社も決まりましたが、
決まったからあとは専門家にお任せということではダメですよね。
今後も実施設計までの間に要望をJSCなどに伝えて少しでも良いものが
完成するようにするのも有権者の大切な仕事だと思います。

 新国立競技場が選手、観客、周辺住民にとって少しでも優しい施設と
なることができるかどうかは2016年の動きにかかっています。関係者の
責任は重大ですね。

 今年一年ツイッターやBLOGをご覧いただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

国立競技場の建物部分の解体が終わった現場を見に行ってきました(2015年5月10日訪問) >

IMG_8547.jpg


 今月10日に4回目の国立競技場解体現場訪問をしてきました。
この日はもう建物部分の解体がほぼ終わっていたのですが、
この場所に何も建っていない光景を生で見ることができるのは
本当にめったにないです。

 これから先ここが更地になっている光景を自分の目で見ることが
できる機会は数十年先…いや、場合によっては100年近く見ることは
できないと思います。もし近くに用事があるという方はちょっと足を
伸ばして国立競技場解体現場を見ることをおすすめします。解体が終わり、
新国立競技場の建設が始まったらもう霞ヶ丘に巨大な空き地がある風景を
見ることはできませんから。解体終了から次の建物が建つまでのほんの
わずかな間だけ見ることができる東京の風景です。

 国立競技場が無くなった後の姿は頭の中でなんとなく想像は
できていたのですが、実際に解体された現場を見ると想像以上に
すごい風景を見ることができました。国立競技場の敷地を見ると
西新宿の高層ビルや東京体育館をはっきり見ることができます。
都心のど真ん中に巨大な空き地が出現するとこんな風景に
なるんですね。

 もうここにかつて大規模な競技場が建っていたとかちょっと
信じられなくなってきます。

 安全上の問題を考えると不可能に近いとは思いますが、基礎の解体も
終わって完全に空き地になったら敷地内の見学会とかやってくれたら
よろこんで参加するのですが。


IMG_8544.jpg


IMG_8484.jpg


それにしても本当に空が高く見えます。ビルなど視界を遮るものが
全くないから空を見上げると本当に気持ちいいですね。国立競技場が
無くなったので敷地の反対側の建物が良く見えるのですが、絵画館も
観音橋のほうから見えます。


IMG_8529.jpg


IMG_8511.jpg


 建物部分が無くなった国立競技場の敷地ですが、それほど広大な土地
という訳ではなかったのだということが実感できました。この土地に
5万人を集めて試合をしていたんですね。


IMG_8507.jpg


 JSCビルの解体も始まっていました。このビルは建ててからまだそれほど
経っていないので本来なら解体の必要はないのでしょうけど、新国立競技場
建設の関係でやむを得ず解体されるようです。

 この解体現場を夜に見に行ったらどんな感じなのだろう?

新国立競技場建設のための国立競技場解体現場に再び行ってきました(2015年4月12日訪問) >

IMG_7279.jpg


IMG_7173.jpg



 先週の12日に国立競技場解体現場に再び行ってきました。(解体現場
訪問自体は3度目)本格的な解体開始からおよそ一ヶ月が経過していたの
ですが、解体が一気に進んでいて驚きました。

 客席はもうバックスタンドの上段部分が若干残っているのみで、ほとんど
無くなっていました。解体技術って本当にすごいのだと実感します。解体工事の
入札に不手際があって解体工事の開始は予定より大幅に遅れたのですが、
外から見る限りではかなり遅れを挽回しているように見えます。


IMG_7289.jpg


IMG_7290.jpg


 大江戸線の国立競技場駅の出口を出てすぐのところにある千駄ヶ谷門から
国立競技場解体現場を見ると国立競技場の敷地の反対側の建物がとても
よく見えます。一時的とは言え都心に巨大な空き地が誕生しました。

今時東京都内でこれほどまとまった規模の空き地って臨海部でもいかない
限り見ることはできません。


IMG_7182.jpg


 それにしても国立競技場がなくなった霞ヶ丘は本当に空の高さを実感することが
できます。新宿から中央線の各駅停車でわずか2駅の場所とはとても思えない
ですね。新国立競技場が建つまでのわずかな期間だけ見ることができる珍しい
風景なのでこれを見るために神宮の森に行くのもいいと思います。


IMG_7202.jpg


 かつてピッチがあった場所に瓦礫が山積みにされているのですが、この瓦礫は
単なる廃棄物ではなく、国立競技場を舞台に繰り広げられた数多くの名勝負の
思い出が詰まった宝石ですよね。


IMG_7259.jpg


 解体はまだまだ続くようなので、これからも近くにいく機会があれば行ってみたいと
思います。

 


新国立競技場建設の為の国立競技場解体が本格的に始まったので見に行ってきました(2015年3月5日訪問) >

IMG_5970.jpg


 国立競技場の本格的な解体作業が始まったので、各報道機関が一斉に
解体作業を報道した直後の今月5日に霞ヶ丘に行ってきました。絵画館の前を
通って国立競技場の解体現場まで行ったのですが゛この辺りの景色も大きく
変わるのかもしれませんね。

 国立競技場の解体を巡って様々な意見が交わされた事はまだ記憶に
新しいですが、実際に解体されている現場を見て本当に解体が始まったの
だと実感しました。


IMG_5983.jpg



IMG_5987.jpg


 国立競技場の解体現場に近づいてみると壁の大きさに圧倒されるの
ですが、実際に新国立競技場が完成したらどんな感じになるのか、
この解体工事現場を見たらなんとなく頭の中でイメージしやすく
なりそうです。もっとも実際に建てられる新国立競技場は解体現場を
覆っている壁より高いですが。


IMG_6002.jpg


IMG_5992.jpg


 解体工事の様子は訪問時点では千駄ヶ谷門から見ることができました。
客席が解体されるのを見るとここを舞台に繰り広げられた数々の名勝負が
頭の中に浮かびます。1964東京五輪を始めとして、Jリーグ開幕戦や
サッカーの日本代表戦、ラグビーの早慶戦、1991世界陸上など日本の
スポーツ界のハレの日を飾る大舞台が国立競技場でした。客席を解体した
瓦礫はただの廃棄物ではなく、スポーツにかけた熱い思いの宝石なのかも
しれませんね。


IMG_6022.jpg


 国立競技場周辺には四季の庭があり、周辺を散歩する際の休憩にちょうど
良い場所となっていたのですが、残念ながら閉鎖されていました。壁に木の絵が
描かれていたのは四季の庭をイメージしているのでしょうか?


IMG_5978_2015032114533877b.jpg


 国立競技場解体後は同じ場所に新国立競技場が建設されます。新しい競技場が
スポーツ界にとって末永く愛される施設になるよう祈ります。





Twitter
プロフィール

pretty_radio

Author:pretty_radio
ツイッターでニュースや時の話題に関することをつぶやいています。このブログでは新国立競技場について一観客の立場から感じたこととを色々書いていきたいと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR