スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新国立競技場建設のための国立競技場解体現場に再び行ってきました(2015年4月12日訪問) >

IMG_7279.jpg


IMG_7173.jpg



 先週の12日に国立競技場解体現場に再び行ってきました。(解体現場
訪問自体は3度目)本格的な解体開始からおよそ一ヶ月が経過していたの
ですが、解体が一気に進んでいて驚きました。

 客席はもうバックスタンドの上段部分が若干残っているのみで、ほとんど
無くなっていました。解体技術って本当にすごいのだと実感します。解体工事の
入札に不手際があって解体工事の開始は予定より大幅に遅れたのですが、
外から見る限りではかなり遅れを挽回しているように見えます。


IMG_7289.jpg


IMG_7290.jpg


 大江戸線の国立競技場駅の出口を出てすぐのところにある千駄ヶ谷門から
国立競技場解体現場を見ると国立競技場の敷地の反対側の建物がとても
よく見えます。一時的とは言え都心に巨大な空き地が誕生しました。

今時東京都内でこれほどまとまった規模の空き地って臨海部でもいかない
限り見ることはできません。


IMG_7182.jpg


 それにしても国立競技場がなくなった霞ヶ丘は本当に空の高さを実感することが
できます。新宿から中央線の各駅停車でわずか2駅の場所とはとても思えない
ですね。新国立競技場が建つまでのわずかな期間だけ見ることができる珍しい
風景なのでこれを見るために神宮の森に行くのもいいと思います。


IMG_7202.jpg


 かつてピッチがあった場所に瓦礫が山積みにされているのですが、この瓦礫は
単なる廃棄物ではなく、国立競技場を舞台に繰り広げられた数多くの名勝負の
思い出が詰まった宝石ですよね。


IMG_7259.jpg


 解体はまだまだ続くようなので、これからも近くにいく機会があれば行ってみたいと
思います。

 


スポンサーサイト
Twitter
プロフィール

pretty_radio

Author:pretty_radio
ツイッターでニュースや時の話題に関することをつぶやいています。このブログでは新国立競技場について一観客の立場から感じたこととを色々書いていきたいと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。