競技場は足りているという誤解 >

 新国立競技場建設を巡ってさまざまな議論が繰り広げられていますが
ネットの書き込みを見ていて気付いたのはもう競技場は十分足りてるという
誤解をしている方が多いという点。

 実際は東京23区にはJリーグのクラブがクラブライセンスを取るために
必要な競技場すらありません。現在東京23区内にはJリーグ入りを目指して
いるクラブがいくつかありますが、Jリーグ昇格にあたって競技場問題は
避けて通れない問題です。よく陸上競技場でサッカーの試合をやると試合が
見難いなどと批判されますが東京23区にはJリーグの試合を開ける陸上競技場
すらありません。もう完全に地方のほうがサッカーに関しては恵まれていますね。

 国立競技場が閉鎖されてしまったので、新国立競技場が完成するまで
東京23区ではJリーグの試合や日本サッカー協会主催の主な試合は一切開かれ
ないことになります。今月開かれたヤマザキナビスコカップ決勝は都心から遠い
埼玉スタジアム2○○2での開催を余儀なくされました。

 なんで東京23区ではクラブライセンスを取ることすら至難の業なのに
競技場は足りてるなどという誤解が広まっているのかその理由を考えて
みました。

 普段サッカーをあまり見ない層がテレビのニュースなどで接するサッカーの
試合は天皇杯やヤマザキナビスコカップ、高校サッカーなどの決勝戦くらい
でしょうが、それらの試合はすべて国立競技場で行われていました。

 国立競技場は言うまでもなく東京23区内にあるのですから、まさか東京23区内
ではJリーグの試合すらまともに開けないとか思わないですよね。

 競技場はまだまだ整備が必要です。
スポンサーサイト
Twitter
プロフィール

pretty_radio

Author:pretty_radio
ツイッターでニュースや時の話題に関することをつぶやいています。このブログでは新国立競技場について一観客の立場から感じたこととを色々書いていきたいと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR